相談支援

障がいのあるかたやそのご家族など、福祉サービスの利用を希望しているかたにお話をうかがい、ご希望やニーズにあわせて、サービス等利用計画の内容を一緒に考えさせていただきます

平成27年4月より、障害福祉サービスの利用を希望される場合「サービス等利用計画」の作成が必須となりました。一人ひとりのニーズや目標をしっかりおうかがいし、そのかたご自身に適した障害福祉サービス等の利用の内容について、一緒に考えていきます。相談支援の利用料は無料ですので、安心してご利用ください。

特定相談支援事業とは

基本相談支援と計画相談支援を行うサービスのことで、障害福祉サービスを利用する前に、障がいのあるかたに適した「サービス等利用計画」を作成し、「サービス等利用計画」を作成した後も定期的に障害福祉サービスの利用状況などをモニタリングして、変更が必要な場合には「サービス等利用計画」の改善を行うサービスです。

ご利用できるかた

支援が必要な障がいのあるかたや、そのご家族のかたがご利用できます(障がい種別は問いません)。また手帳の有無も問いません。

サービスご利用までの流れ

1 お話を聞かせていただきながら、アセスメントを行います。

2 市区町村にサービス等利用計画案を提出します。

3 市区町村から支給の決定を受けます。

4 サービス担当者会議で話し合います。

5 サービス等利用計画を作成し、市区町村に提出します。

6 サービス利用開始となります。

行動障がいのある知的障がい者や精神障がい者に対する相談支援専門員の配置について

行動障がいのある知的障がい者や精神障がい者に対して、適切な計画相談支援等を実施するために、強度行動障害支援者養成研修(実践研修)を修了した相談支援専門員を配置しています。

 

強度行動障害支援者養成研修(実践研修)修了者(PDF 193KB)

医療的なケアを要する児童や障がい者に対する相談支援専門員の配置について

重症心身障がいなど医療的なケアを要する児童や障がい者に対して、適切な計画相談支援等を実施するために、医療的ケア児等コーディネーター養成研修を修了した相談支援専門員を配置しています。

 

医療的ケア児等コーディネーター養成研修修了者(PDF 118KB)

精神科病院等に入院するかた、および地域において単身生活等をする精神障がい者に対する相談支援専門員の配置について

精神科病院等に入院するかた、および地域において単身生活等をする精神障がい者に対して、地域移行支援や地域定着支援のマネジメントを含めた適切な計画相談支援等を実施するために、地域生活支援事業による精神障がい者支援の障がい特性と支援技法を学ぶ研修、または精神障がい者の地域移行関係職員に対する研修を修了した相談支援専門員を配置しています。

 

精神障害関係従事者養成研修(うつ病医療連携技術研修)修了者(PDF 796KB)

相談支援に関するお問い合わせ

福祉総合相談センター

場所 岐阜県瑞穂市別府1283番地(瑞穂市総合センター内)

TEL 058-327-8610

FAX 058-327-5323

窓口時間 平日8:30~17:15(ただし年末年始、および国民の祝日を除く)