地域包括支援センターは  高齢者の身近な「よろず相談窓口」です。

地域包括支援センターは、もとす広域連合から委託を受けた公的な「高齢者の総合相談窓口」です。 

高齢者やご家族のかたが、住み慣れた地域で安心して生活していただけるように、様々なご相談に応じます。ご利用は無料で、秘密は厳守します。

ご相談は、来所・電話・訪問・手紙などいずれも受け付けています。

お気軽にご相談ください。 

具体的な取り組み内容

●総合相談

 介護保険、在宅介護の相談に限らず、健康・生きがい・日常生活等についてのあらゆるご相談を、総合的に受け付けます。

 ※認知症に関することはこちら → リンク「厚生労働省:知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 認知症」

 

●介護予防活動

 近い将来、要支援・要介護状態になる恐れのあるかたを早期に発見し、介護予防教室へのご案内や介護予防の普及啓発に努めます。

 

●地域のネットワークづくり

 高齢者が住み慣れた地域で安心しれ暮らすことができるよう、様々な関係機関や地域のみなさまと協力して、地域のネットワークづくりを進めていきます。

 

●権利を守ること

 高齢者に対する虐待や悪質な訪問販売、財産管理に自信がなくなってしまった等、そのかたの権利を守るための制度やサービスに関しての相談支援を行います。

 ※成年後見制度に関することはこちら → リンク「法務省:成年後見制度~成年後見登記制度~」

 

●介護予防プランの作成

 要支援1・要支援2の認定が出たかた、総合事業対象者の介護予防ケアプランの作成をしています。

 

スタッフ

保健師、主任介護支援専門員、社会福祉士等がご相談に応じます。


問い合わせ先

瑞穂市地域包括支援センター

場所 岐阜県瑞穂市別府1283番地(瑞穂市総合センター1階)

TEL 058-327-4118

FAX 058-327-5304

窓口時間 平日8:30~17:15(ただし年末年始、および国民の祝日を除く)