認知症サポーター

認知症サポーターとは

 認知症サポーターは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、支援する応援者です。

 瑞穂市地域包括支援センターでも、自治会や老人クラブなどの地域団体や、金融機関などの従業員、小・中学校などからの依頼で、「認知症サポーター養成講座」を開催いたしますので、ご相談ください。

 

認知症サポーターに期待されること

 

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。