支え合いのまちづくり

 少子高齢化、人口減少、核家族化が進む中、「住み慣れた地域で誰もが安心して暮らせるまちづくり」を目指して、全国で支え合いのまちづくりの取り組みが進められています。

なぜ今、そのような取り組みが重要視されているのでしょうか。

 瑞穂市では、小学校区を生活圏域として、支え合いのまちづくりが進められます。

 平成31年2月現在3小学校区において取り組みが始まっています。

 住民同士がつながり、支え合って、人も地域も元気に!

 誰もが住みたいと思える地域を目指して、ワイワイガヤガヤお話しましょう。

穂積校区

○平成29年7月わくわく活動委員会防災・福祉部会福祉小委員会が活動を開始しました。

 

○平成30年3月24日(土)13:30より市民センターハナミズキホールにて、第1回穂積校区地域支え合い推進会議を開催しました。

 

○平成31年2月23日(土)13:30より、朝日大学学生ホールにて、第2回穂積校区地域支え合い推進会議を開催します。

 

リンクのチラシをご覧ください。

牛牧校区

○平成30年4月牛牧友愛会防災福祉部会が活動を開始しました。

 

○平成31年2月16日(土)13:30より、牛牧北部防災コミュニティセンターにて、第1回牛牧校区地域支え合い推進会議を開催します。

 

リンクのチラシをご覧ください。

生津校区

○平成30年度より

生津自治会連合会すこやか委員会が活動を開始しました。

 

○平成31年2月17日(日)13:30より生津小学校体育館にて「支え合いのまちづくり説明会」を開催します。

 

リンクのチラシをご覧ください。


お問合せ

社会福祉法人瑞穂市社会福祉協議会

地域福祉係

TEL:058-327-8610

FAX:058-327-5323

メール:chiiki@mizuho-shakyo.org