介護保険について


介護保険制度と介護予防・日常生活支援総合事業

 介護保険制度とは、介護が必要になった人を社会全体で支える仕組みです。

 

 介護予防・日常生活支援総合事業とは高齢者が要介護状態にならないように総合的に支援する事業です。

 

 

 

 

 

 

介護サービスが利用できる人は・・・

 介護サービスを利用できるのは、以下の方で要介護(要支援)認定を受ける必要があります。

 

 ○65歳以上の介護保険加入者:第1号被保険者

        (1)寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)の方
   (2)常時の介護までは必要ないが、家事や身じたく等、日常生活に支援が必要な状態又は、

      常時介護する状態の軽減若しくは悪化の防止に特に資する支援が必要な状態(要支援状態)

      の方

 

 ○40~64歳までの医療保険加入者:第2号被保険者

    初老期認知症、脳血管疾患、がん末期など16種類の特定疾病により要介護状態や要支援状態と

    なった方

 

 要介護認定を受けるためには瑞穂市役所地域福祉高齢課(総合センター1階)または巣南庁舎市民課にて介護保険要介護(要支援)認定申請を行ってください。

 

※地域包括支援センターでは、介護保険申請にかかる相談を受け付けています。必要な方には、代行申請もさせて頂いていますのでご相談ください。

 

 

 

 

 

特定疾病とは次の16種類です

○がん(医師が一般に認められてい  

 る医学的知見に基づき回復の見込

 みがない状態に至ったと判断した

 ものに限る)

○関節リウマチ

○筋委縮性側索硬化症

○後縦靭帯骨化症

○骨折を伴う骨粗しょう症

 

○初老期における認知症

○進行性核上性麻痺、

 大脳皮質基底核変性症

 およびパーキンソン病

○脊髄小脳変性症

○脊柱管狭窄症

○早老症

○多系統委縮症

 

○脳血管疾患

○糖尿病性神経障害、

 糖尿病性腎症

 および糖尿病性網膜症

○閉塞性動脈硬化症

○慢性閉塞性肺疾患

○両側の膝関節または股関節に

 著しい変性を伴う変形性関節症

 


 

介護サービスを利用するまでの流れ

相談・申請

 ○介護サービスの利用について、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所にご相談ください。

 ○窓口にて「要介護(要支援)認定」の申請をしてください。

  ・申請窓口:瑞穂市福祉部地域福祉高齢課(総合センター1階)

  ・必要なもの:介護保険証(第2号被保険者のかたは医療保険証)

  ※地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、介護施設等が、申請を代行することも可能です。

 

訪問調査

 瑞穂市の認定調査員により身体・生活状況、介護状況を調べるための訪問調査(聞き取り調査)が行われます。

 

主治医の意見書

 かかりつけの医師に、医学的観点からの意見を書いてもらいます。


介護認定審査会

 認定調査の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。

要介護(要支援)の認定(通知)

 訪問調査の結果」や「医師の意見書」などをもとに認定審査会において認定されます。判定結果は郵送で通知されます。

サービス利用のための計画の作成

 

 

 ケアプランとは、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。
 介護保険のサービスを利用するときは、まず、介護や支援の必要性に応じてサービスを組み合わせたケアプランを作成します。

 ケアプランに基づき、介護サービス事業所と契約を結び、サービスを利用します。

 

【要介護1~5と認定された方】
在宅のサービスを利用する場合
  居宅介護支援事業者(介護支援専門員)に介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらいます。
施設のサービスを利用する場合
  施設の介護支援専門員がケアプランを作成。
【要支援1~2と認定された方】
ケアプランは、瑞穂市地域包括支援センターに作成を依頼することができます。

【非該当(自立)と認定された場合】

   瑞穂市地域包括支援センターに相談しましょう。 

 

介護サービスの利用

 ○ケアプラン(介護予防ケアプラン)に基づいて、介護サービス(介護予防サービス)を利用します。

 

  〈介護保険で利用できるサービス〉

    参考:もとす広域連合 介護サービスの種類

 

    ※もとす医師会HPの「もとす地域 医療・介護連携マップ」参照